治療施設で働くための資格

ウーマン

骨や関節等の故障の専門家

街を歩いていると接骨院または整骨院といった名称の看板をよく目にしますが、あれらは骨折や脱臼、捻挫などの傷病を専門に取り扱う治療施設です。そこで治療に携わる専門職を、柔道整復師といいます。柔道整復師は厚生労働省が認定する国家資格で、保有していない者は柔道整復を用いた治療を業とすることを法律で禁じられています。骨・関節・靭帯等にかかる故障を、手技を中心とした手法によって整復・固定し、自然治癒の手助けをします。柔道整復師の資格は、国が指定する大学・短期大学・専門学校等で学び、所定の単位を修得した後に国家試験に合格することで得られます。修業年限は大学の場合は4年、短期大学の場合は3年となり、専門学校の場合は3年制と4年制の2種類があります。したがって、柔道整復師の資格取得を目指して専門学校に進もうとする場合は、まずは3年制と4年制のどちらを選ぶかがポイントとなります。当然、3年制の方が1年早く受験資格を得られるため、資格取得のチャンスも1年早くめぐって来ることになります。少しでも早く社会に出て活躍したいというのであれば、3年制を選んだ方が良いということになります。ただ、当然ながら4年制には4年制の良さがあります。それは、学習時間が多い分、学びの内容も豊富になるという点です。一般的な傾向として、3年制よりも4年制の方が臨床実習の機会が多く設けられています。そのため、実際に働き始める前にたくさんの症例を学ぶことができます。また、4年制専門学校の中には接骨院や整骨院の経営について多くの学習時間を割いているところもあります。

Copyright© 2018 国家資格の一覧を要チェック!高い専門スキルを身につけられる学校 All Rights Reserved.